浜松市長就任以来3期12年。
市民の皆様と一緒になって市政に取り組んだ結果、浜松はこんなに魅力的な都市になりました!
ここでは、その実績の主なものを紹介いたします。

浜松市長就任以来3期12年。市民の皆様と一緒になって市政に取り組んだ結果、浜松はこんなに魅力的な都市になりました!ここでは、その実績の主なものを紹介いたします。

浜松市の「行政区再編」について、
皆様からのご質問にお答えします!

 
「行政区再編」のことは、なぜ住民投票になったの?
 

これまで3年に及ぶ市議会での議論や自治会連合会・区協議会からのご意見、ご要請などがあって、平成30年9月に再編案(天竜区・浜北区・その他の3区案)を改めて市議会特別委員会に提案 しましたが、結論が得られませんでした。
このため、3区案の賛否を市民の皆様に直接伺う住民投票条例の制定を市議会に提案したところ、可決されたことから、平成31年4月の市長選挙に併せて住民投票を実施することになりました。

 
再編の目的をわかりやすく教えて?
 

人口減少、超高齢化、社会保障費の増大、古い橋などインフラの老朽化が深刻化する中、市の財政が健全なうちにできるだけ早く、7つの 区役所を統合し、ムダを排除しながら簡素化することが、行政区再編の目的です。

 
区が再編されると、今までやっていた区単位の行事がなくなってしまうの?
 

なくなりません。区再編は、区役所の統合・行政組織の見直しですから、現行の区で行われている地域の事業は継続されます。

 
区を再編すると、どれくらいの削減効果が生まれるの?削減効果額は何に使われるの?
 

3区に再編する場合、年間削減効果額は人件費など労務費のみ約7億円で10年では70億円、その他の経費も大幅な削減が期待されます。
その使い道は、子どもたちの明るい未来のために、例えば高校生の医療費助成や全小中学校の教室へのエアコン設置など、また、増大する社会保障費として、例えば高齢者の医療費や介護保険事業など、突然の災害対策としては、例えば台風による山崩れや原田橋など古い橋の架け替えなどに使います。

 
区が再編されて不便になることはないの?
 

今回の再編は、現行の市民サービスを削ることはありません。現在、57か所のサービスセンター、協働センターなどで行っている住民票の交付、出生届、印鑑証明の交付などの窓口サービスも変わりません。
再編で生み出された人員は、福祉など将来の増加が予想される業務のほか、サービスセンターや協働センターの機能充実などに充てることで、 サービスの向上を図っていきます。

ここでは、皆様からの関心が高く、
また誤解されやすいテーマについて分かりやすく解説いたします!

「水道事業の民営化」という言葉が一人歩きして、皆様の間で不安が広がっています。
ホントのところ、どうなんでしょうか?

Q 水道事業は民営化されてしまうの?

その判断は見送ることにしました。民営化ではなく、官民連携について研究してきたのは事実ですが、皆様からの不安の声も多く上がっている現状を踏まえると、当面の間は判断すべきではないと考えます。

Q そもそもどうして民営化が注目されるようになったの?

当たり前のように提供される水道サービスを維持し、私たちの飲み水を守っていくためです。人口減少に加え、水道管や浄水場の老朽化進めば、水道料金の値上げは避けられません。そうした中で、官民連携という方法も選択肢の一つとして考えられてきたということです。

Q 安全面について不安はないの?

民間に丸投げするわけではありません。大事な公益性の部分は、引き続き市が担うことが必要です。飲み水の安全面は絶対に確保しなければなりませんので、民営化議論を再開することがあるのであれば、他国や他都市の事例を慎重に調査していきます。

これまで行財政改革をたくさん行って借金を減らしたのは評価するけど、
必要な投資をしなくて市が疲弊してるとの指摘があります。
ホントのところ、どうなんでしょうか?

Q 市の借金はどれくらい減ったの?

やすとも市政の12年間で、約1000億円削減することができました。また、公共施設の整理統合や老朽化対策を計画的に行うことで、将来の更新・改修費も大きく抑えられる見込みです。

Q それは評価できるけど、市を発展させるために投資すべきところに税金は使えているの?

心配ありません。人件費や民生費のように義務的に使いみちが決まっているものではない「投資的経費」の割合は政令市でトップの17.9%(H28)で、十分に未来への投資もできています。

Q 施設で言えば、どんなものを整備してきたの?

この12年間で主なものは、浜松市総合水泳場「ToBiO」、ギャラリーモール「ソラモ」、防潮堤、浜北平口サッカー場、あいホール、浜松市リハビリテーション病院、浜松城天守門、新々原田橋、三方原スマートICなどが挙げられます。

Q でも、もう借金返済は十分じゃないの?

そういうわけにはいきません。今後さらなる増大が見込まれる社会保障費や災害対策費などを考えると、将来に備えた責任ある財政運営が大切です。今後も、バランスの取れた予算執行に心がけてまいります。

まず、次期4期目を「やすとも市政の集大成!」と位置付け、
「3つの活用」を柱に、「浜松のさらなる発展を推進する7つの政策」に基づき、
市政運営に取り組んでまいります!

まず、次期4期目を「やすとも市政の集大成!」と位置付け、 「3つの活用」を柱に、「浜松のさらなる発展を推進する7つの政策」に基づき、市政運営に取り組んでまいります!

市内の全小・中学校の教室にエアコンを設置
高校生の医療費助成の拡充 など

福祉や健康・
医療の充実 など

古くなった橋や道路の整備
山崩れなどの土砂災害への対策など

・既存産業の高度化と新産業創出
・浜松バレー構想の実現(ベンチャー支援)
・70歳現役都市・浜松の推進
・天竜材を世界にセールス
・もうかる農業の実現

続「こども第一主義」
仕事と子育ての両立支援
安全安心な教育環境の構築
将来を担う高校生の育成・支援(高校生医療費助成)

・在宅福祉、在宅医療の充実
・健康いきがいづくりの推進
・医療体制の充実
・70歳現役都市・浜松の推進(再掲)

・ごみ減量天下取り大作戦の展開
・地球温暖化防止対策の推進
・エネルギー政策の推進

・道路、河川、橋りょうの適切な維持管理
・交通事故ワースト1からの脱出
・自然災害に強い強靭な浜松づくりの推進
・迅速な消防・救急体制の整備

・「音楽の都・浜松」のさらなる飛躍
・多文化共生の世界的モデル都市の推進
・「ビーチ・マリンスポーツの聖地」の確立
・大型スポーツ施設の整備

・市民生活を支える行財政改革の推進
・未来のための行政区再編
・持続可能な開発目標(SDGsの推進)

松下幸之助氏の設立趣旨に感銘し、松下政経塾へ入塾。以来「政治を正さなければ日本は良くならない」という信念のもと、政策研究や勉強会、政経塾同僚・後輩達の政治的活動支援を行ってきたが、益々混迷を深める日本の現状を目の当たりにし、政治家として立つことを決意した。

至誠通天

スポーツ(野球・ゴルフ)、読書(歴史小説など)

いまいちど日本を洗濯致し申し候(坂本龍馬の言葉) こわす勇気、つくる情熱

  • 昭和32年8月
    浜松市中区新津町に生まれる
  • 昭和51年3月
    静岡県立浜松北高等学校 卒業
  • 昭和55年3月
    慶應義塾大学法学部 卒業
  • 昭和55年4月
    (財)松下政経塾 入塾(第1期生)
  • 昭和60年3月
    同塾卒業
  • 平成2年4月~
    11年1月
    ステラプランニング 代表取締役
  • 平成8年4月~
    11年5月
    松下政経塾 OB会会長
  • 平成12年6月
    衆議院議員 初当選
  • 平成15年11月
    衆議員議員2期目当選
  • 平成19年4月
    浜松市長 初当選
  • 平成20年11月
    マニフェスト大賞 受賞
  • 平成23年4月
    浜松市長2期目当選
  • 平成23年7月
    リオ・ブランコ国家勲章 受章
  • 平成23年12月
    国連地方自治体諮問委員会(UNACLA)委員就任
  • 平成24年2月
    ファシリティマネジメント大賞 最優秀賞(浜松市)
  • 平成28年
    浜松市長3期目当選
  • 平成29年3月
    シティ・メイヤーズ・ファウンデーションワールド・メイヤー2016(世界最高市長賞)ノミネート
    グリーンレジリエンス大賞 グランプリ(浜松市)
  • 現在
    浜松市長

以下のフォームより鈴木やすともへの応援メッセージをぜひお送りくださいませ!
※【必須】のついている項目は入力必須となります。



Copyright© 鈴木やすとも後援会事務所 All Rights Reserved.

TOP